Child pages
  • Die Logik des Feldes als Lebenswissen
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

著: 清水 博
Autor: Hiroshi Shimizu

出版社: 中央公論社 (1996/11)

生命知としての場の論理―柳生新陰流に見る共創の理
Seimei toshite no ba no ronri - yagyuu shinkageryu ni miru kyousou no ri
Die Logik des Feldes als Lebenswissen - Das Prinzip der Kokreation von der Schwertschule des Yaguu shinkage aus gesehen

内容(「BOOK」データベースより)
生命とは、刻々の創造の連続である。複雑な環境の中でリアルタイムに創出される知、即ち生命知がなければ生命を維持することはできない。著者は生命的創出知という新しい観点から「場」の文化を深く捉える方法を発見し、今日まで四百余年の命脈を保つ柳生新陰流の術と理にその知を見出した。本書は生命システムの普遍的な性質を追求しつづける著者による「創作的場所論」の確立と、それによる近代文明超克に向けてのテーゼである。

Inhalt:
Das Leben ist die Aufeinanderfolge von andauernden Kreationen. Ohne ein Wissen, das inmitten einer komplizierten Umwelt in Echtzeit entsteht, also ohne dieses Lebenswissen ist der Erhalt des Lebens unmöglich. Der Autor findet einen Weg, vom neuen Standpunkt dieses lebendigen Schöpfungswissens die Kultur des "Feldes" tiefgründig zu erfassen, und das Wissen in der Technik und dem Prinzip der Yagyushinkage Schule zu entdecken, das über vierhundert Jahre bis heute lebendig geblieben ist.

目次 / Inhaltsverzeichnis:

  • 場所とは何か
    • 生命的な知
      • 生命という課題
      • 生命的ソフトと知識的な知
      • 無限定な状況における判断
      • 身体的と天気
      • 生命の二つの原理「試行鎖誤」と「リアルタイムの創出」
      • 真剣勝負におけるリアルタイムの創出
      • 場の文化技術とその問題点
      • 東洋の論理とその限界
      • 生命的要素と表現の関係的生成
      • 個の表現と全体の表現
      • 関係子の自己表現のドラマ性
    • 関係的表現の場
      • ボトムアップ型論理では取り扱えない生命
      • リアルタイムの創出と普遍性
      • 無を抱く=自己規定不可能性
      • 関係と間
      • 拘束条件(ストーリー)の生成
      • 仮説形成と場の作用
      • 即興劇とモナドロジー
    • 自己言及とシナリオの創出
      • 自己の二重構造
      • 自己言及とドラマ表現
      • 自己言及のパラドックス
      • 場所的自己言及サイクル
      • 自己言及サイクルの否定的引き込み
      • 場の情報と個物の情報
      • 主語的情報と述語的情報
      • 普遍と個別の誘導合致
      • ドラマ=場所を物語る
      • 多様性の矛盾的統合
    • 脱学習と創造
      • 型と型からの自由
      • 脱学習―個別的拘束からの開放
      • 脱学習の意識
      • 仮説ずくりと物語ずくり
      • ルール生成ルール
      • 内部劇場における拘束条件の生成
      • 内部劇場の働き
      • 大脳の関係子
      • 場所としての大脳
      • 場所的な述語
      • ストーリーの生成
      • 誘導合致の意義
    • 場所的創造
      • 創造としてのリアルタイムの創出
      • 筋をつくる、拘束条件の自己生成
      • 物語るということ
      • 物語によるパラドックスの回避
    • 創造における「主語」と「述語」)
      • 東西の論理的融合
      • 即興劇モデルと場所の論理
      • 主語論理的表現と述語論理的表現
      • 表現と経済活動
      • 内部の即興劇場
      • 仮説を生成する観点
      • 表現の誘導合致
      • 自己表現性と脱学習
      • 脱学習と脱構築
      • 表現の間が合うこと
      • 創造性とばの表現
      • 観客の存在を忘れた市場経済
      • 市場経済を成立させるモデルの存在
      • 新しい表現、ストーリーづくりを目指すして
  • 剣の理と場所の論理
    • リアルタイムの創出知―柳生延春氏への手紙
    • 剣の理と場所の論理―柳生延春氏との対談
    • 即興劇モデルの追求―柳生延春氏への手紙 第二信
  • 柳生新陰流の術と理(流史 術と理)
  • Was ist das Feld ?
    • Lebendes Wissen
    • Das Feld als relationaler Ausdruck
    • Selbstreferenz und die Erschaffung eines Szenarios
    • Verlernen und Kreation
    • Topische Kreation
    • Das Subjekt und Prädikat in der Kreation
  • Das Prinzip des Schwertes und die Logik des Ortes
    • Das Wissen der Echtzeit Kreation - Ein Brief an Yagyuu Nobuharu
    • Das Prinzip des Schwertes und die Logik des Ortes - Ein Dialog mit Yagyuu Nobuharu
    • Das Streben nach dem Improvisationstheater Modell - Ein zweiter Brief an Yagyuu Nobuharu
  • Die Technik und das Prinzip der Yagyuu shinkage Ryuu Schule ( Geschichte der Schule - Technik und Prinzip)
Write a comment…