Child pages
  • Verschiedene Erscheinungsformen der Topologie
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

場所論の種々相―西田哲学を中心として

Bashoron no shujusô
Verschiedene Erscheinungsformen der Topologie

河波 昌 (著)
Kawanami Akira (Hg.)

出版社: 北樹出版 (1998/05)

内容(「MARC」データベースより)
上智大学における西田の場所論を研究テーマとするグループと、東洋大学哲学科の研究者を中心とした「西田哲学研究会」の、2つのグループの協同による西田哲学研究論文集。広い視点から種々相にわたって西田哲学が論じられる。

目次

  • 「純粋経験」・「自覚」・「場所」―西田哲学における「場所」の理解のために
  • 創作的場所論
  • キリスト教と場所的論理
  • 西田における初期の「場所」的論理に関する考案
  • 対象の論理から場所の論理へ―エミール・ラスクと西田幾多郎
  • 道 出会いの場所―一つの解釈学的試論
  • 一般者の場所から絶対無の場所へ
  • 絶対無の場所における自己の問題―西田哲学と禅学の接点
  • 撤底的批評主義のゆくえ―厳密な学としての西田哲学
  • 高山岩男の場所的論理―『場所的論理と呼応の原理』を巡って
  • 務台理作の「場所」概念
  • 「住」‐場所的主体性‐論考―西田「場所論」をめぐる大乗仏教的基盤における考察
  • デューイの「場」論と西田哲学の「場所論」

Inhaltsverzeichnis:

  • ...
  • Von der Logik des Gegenstands zur Logik des Ortes - Emil Lask und Nishida Kitarô
  • ...
  • No labels
Write a comment…