「Dynamik」を力学と訳すのは日本人の古くからの誤解です。訳語として「Mechanik」だけで充分です。

darkhorse (05.12.2021)

Tippfehler: Baum- und Gleithörnchen npl; Sciurinae

Gast (04.12.2021)

"ausrutschen" würde ich weglassen - wenigstens finde ich dafür keine Belege. Es ist ein unsicherer Gang, aber man fliegt deshalb noch nicht hin.

Felix Wagner (04.12.2021)

用例:「米国が日欧などを招いて開く民主主義サミットを前に、中国共産党政権が「民主主義は一部の国の専売特許ではない」との大々的な宣伝キャンペーンを始めた。「全過程人民民主」という概念を掲げ、中国には自国の実情に根ざした民主主義があると主張。政治システムやイデオロギー領域でも米国の「覇権」に挑む姿勢を鮮明にしている。」

anonymous (04.12.2021)

Militärregierung auch als 「武人政治」。用例:「〈日米交渉に行き詰まった近衛内閣が総辞職し、東条英機(とうじょうひでき)首相が陸軍相を兼ねる東条内閣が発足した。海軍出身の百武は、二・二六事件以来、陸軍軍人が政治に介入し、ついに現役軍人の東条が政権についたことは「征夷大将軍による武人政治の昔に戻るようなものだ」と批判。軍人の政治関与を戒めた軍人勅諭など明治維新の精神にもとり、回復は容易ではないと嘆いた〉」

JPP (04.12.2021)

Obere Führungsschiene von Schiebetüren "Wandleiste" finde ich unglücklich, weil man dann den Eindruck hat, es wäre eine Leiste an der Wand. 長押 (nageshi) als "Wandleiste" wäre OK.

Felix Wagner (04.12.2021)

酒を飲むと普段よりよく笑う人のことを「笑い上戸」と言いますね。 「笑い上戸」「泣き上戸」「怒り上戸」、この三つを合わせて「三人上戸」と言います。 ・・・・・・・ 一番敬遠されるのが「説教」をするタイプですね。たまに理屈の通る話もありますが、何せ酔っぱらいのことですから何が何だか分からないような話で絡み始める人も出てきます。これが「絡み上戸(からみじょうご)」です。

anonymous (04.12.2021)

Leider ist in meinen Klammerangaben 字形 und 字体 jeweils genau falsch zugeordnet; man stelle sich das bitte umgekehrt vor.

anonymous (04.12.2021)

文字に施される,形に関する特徴や様式の体系のこと。印刷文字には,明朝体,ゴシック体,教科書 体など,歴史的には,篆書,隷書,草書,行書,楷書などの書体がある。ー文化庁: 『常用漢字表の字体・字形に関する指針』より

anonymous (04.12.2021)

同じ読み方,同じ意味で使われる漢字の集まり(グループ)を指す常用漢字表の用語。「桜/櫻」, 「学/學」,「竜/龍」,「島/嶋/嶌」などは,それぞれ同じ字種である。ー文化庁: 『常用漢字表の字体・字形に関する指針』より

JPP (04.12.2021)

einfach mal die Gestalt des tatsächlich geschriebene Zeichens). Unter den Editoren gibt es ja einige Linguisten. Wäre doch schön, wenn einer/eine davon die Begriffe 字体 und 字形 in linguistische Sprache übersetzt und hier ergänzt.

anonymous (04.12.2021)

Die in der deutschen Schriftlinguistik bekannte Differenz von Graphem und Allograph trifft auf die Differenz von 字体 und 字形 nicht zu. Gemeint ist ja hier einmal ein Begriff, der die strukturellen Merkmale umfasst, die notwendig sind, um die Identität des Schriftzeichens zu wahren (als dasselbe Schriftzeichen erkannt werden zu können) (=字形; ich nenne das einfach mal die ideelle Zeichenstruktur) sowie ein andermal ein Begriff, der versucht die konkrete Performanz eines Zeichens zu fassen (=字体; ich nenne das

anonymous (04.12.2021)

[2] bitte mit 書体 verlinken. Zudem bedarf der Eintrag einer Ergänzung, die die Definition von 字体 aus dem 「常用漢字表の字体・字形に関する指針」(2016年) übersetzt. Diese Definition lautet: 文字を文字として成り立たせている骨組みのこと。同じ文字としてみなすことができる無数の字の形 それぞれから抜き出せる,形の上での共通した特徴とも言える。書かれた又は印刷された文字が,社会的に通用するかどうかは,その文字にその文字としての字体が認められるかによって決まる。文字の細部に違いがあっても,字体の枠組みから外れていなければ,その文字として認められる。kontrasitiert wird dies mit einer Definiton von 字形:字体が具現化され,実際に表された一つ一つの字の形のこと。字形は,手書きされた文字の数だけ,印刷文字の種類だけ,存在するとも言える。字体は,様々な字形として具現化する。

JPP (03.12.2021)

Wie schon öfters angemerkt, ist das Baseballvokabular nahezu durchgängig auch als Metapher präsent. 用例:「「きちんとやれば答えは一つなんだ、という数学のような考え方が浸透している。でも人間の手書き文字は、いろいろ揺れ動きながら受け継がれてきたものです。定まったストライクゾーンがあるのに、わざわざ自分たちでそのゾーンを狭くしている。多様性を認める意識が高まっている現在、漢字の字形についての意識に柔軟さを取り戻し、もっとおおらかに考えたほうが誰もが幸せになる、ただそれだけなんです」」ー笹原宏之

JPP (03.12.2021)

用例:「―最近は、保護者がツイッターなどで「指針」をあげ、先生の正誤の基準に疑問を示すケースもあると聞きます。  「そうですね。漢和辞典にそう書いてあれば、テストで×をつけられた子供たちが『はねなくてもいいんですよ。ほら見て下さい』とこの辞書を先生に見せられる。百八十度の転換です。大きな考え方の変化で、無用な混乱を避けたいという声もありましたが、それを混乱と呼ぶならば、それは必要な混乱ではないか、と思います。教育界では従来の慣習を変えるのは大変ですが、もう断ち切らないといけない。今が旧弊を変えなければならない時期なのです」」ー笹原宏之

JPP (03.12.2021)

用例:「「私は、教科書を発行する出版社が出す国語辞典と漢和辞典の編集委員になりました。そこで、指針の内容を盛り込みたい、と伝え、現場には多少の意見があったのですが、実現しました。それまでは、『木』は、縦の棒の下に赤い丸がついていて、わざわざ『はねない』と注意書きしてあったんです。これでは教員も児童も束縛され、よけいに混乱すると考え、『はねない』の赤丸を取って、はねている『木』も貼り込みました。これだけの変更でも、けっこうなエネルギーを使いますが、私も『指針』作成の担当者の一人(副主査)なので、しっかりと広めなければいけないと思ってこういうことを続けています」」ー笹原宏之

anonymous (03.12.2021)

用例:「―結局、採点する人が何を基準にしているかでバラバラなんですね。  「そうなってしまいます。入学試験でも学校の方針というより、担当教師の漢字観によって左右されることになるケースがまだあるようです」  「私が市民講座を担当したとき、受講者に元教諭がいました。『指針の考え方を知らなかった』『いままで生徒に×をつけまくって申し訳ないことをした』と悔やむ方がいました。本人は正しい漢字をきちんと教えようと、善意で厳しくしているのです」」ー笹原宏之

JPP (03.12.2021)

「ただ、今の若い大学生たちは、『保』の口の下が『ホ』? それは間違いでしょう、と認めないんですね。彼らは言わば『とめ・はね・はらい』を教え込まれたとおり細かく覚え、入学試験を突破してきたので、『どちらでもいい』という考え方をなかなか受け入れられない。字形に多様性があっていいという価値観を持てないんです。そういう学生が教師になってまた厳しく教えるという悪循環があります」ー笹原宏之

anonymous (03.12.2021)

aufzählen, zusammenstellen

anonymous (03.12.2021)

用例:「―何が正しいと思っているか、世代による差もあるのでしょうか。  「ええ、先ほどの『保』はいい例です。見事に年齢層で違う書き方を正答と考えています。2014年(平成26年)度の3千人を対象とした調査で『保』について調べてもらいました。口の下が『木』だけが適切な書き方と答えた人が49%なのに対し、口の下が『ホ』だけが適切とする人は33%、両方とも適切は17%でしたが、はっきり出たのが年齢差による違いでした。20~29歳の84%が『木』派で、70歳以上の70%が『ホ』派でした」」ー笹原宏之

anonymous (03.12.2021)

用例:「字体とは、文字の骨組みのことです。『学』と『字』は当然ですが、異なる字です。『学』と『學』は同じ字ですが、やはり互いに字体が違うわけです。一方、字形とは字の形、デザインレベルの差異を含むものです。300人が手書きしたら300通りの字形がある。印刷文字でも明朝、ゴシックなどの書体(フォント)にもそれぞれ独自の字形があります。骨組みである字体が正しければ、手書きで少し細部が違っていても、それは字形の違いにすぎず、誤りではありません。テストでも×ではありません」ー笹原宏之

JPP (03.12.2021)

oder Rückkehrer (von einer Auslandsreise)

anonymous (03.12.2021)

bei einer Kastanie: der Nabel (Hilum)

anonymous (03.12.2021)

doppelt?

anonymous (03.12.2021)

wölben, nachgeben? 指で押してもブカブカしていない - wenn man [die Kastanien] mit dem Finger drückt, geben sie nicht nach

anonymous (03.12.2021)

auch: 団魂の世代

anonymous (03.12.2021)

Laut goo auch "auswählen": また、多くの中から、いくつかを選び出すこと。

anonymous (03.12.2021)

Der Beispielsatz "外国語を修める" scheint eher unnatürlich zu sein. Auf Nachfrage hat ein Muttersprachler mir gesagt, dass 修める eher im Zusammenhang, "einen Studiengang abschließen" "大学課程を修める" etc. verwendet wird und er "外国語を修める" noch nie gehört hat. In diesem Fall ist 勉強する die passende Vokabel.

anonymous (03.12.2021)

「ラディカル ・デモクラシー」とも

anonymous (03.12.2021)

用例:「選挙で投票後、多数決で選ばれた代表に政治の舵取りを委ねる――。「数こそ力なり」だから、少数者の意見は往々にして無視される。口惜しければ選挙で勝って多数派を形成するしかない。勢い、代表の数を取り合う争いが先鋭化し、争点がささくれ立ち、人々をムキにする。このような民主主義は「集計民主主義(aggregative democracy)」と呼ばれ、現代の民主政治の根幹を成してきた。  しかし、多数決は万能なのだろうか。」

JPP (03.12.2021)

用例:「日本は不思議な国になってしまった。外務大臣が中国に行くのは慎重たるべきといった雰囲気がメディアを始め出てくる。韓国との関係も対話する事すら憚られる。問題があればあるほど対話をしなければならない。対話せず自己主張だけで、そして米国に追随していけば保守ナショナリズムは充足される?」ー田中均

JPP (03.12.2021)

喧伝材料 (als Wortspiel mit 宣伝材料)。用例:「中国、朝鮮半島、ロシアは歴史に培われた排他的ナショナリズムが強い。日本の保守ナショナリズムは「毅然とした主張」を旨とし、若者中心に国民に浸透してきた。北朝鮮危機、台湾海峡有事は格好の喧伝材料。日米同盟関係がなければ、この地域は紛争地帯となる。日本が生き残る「イズム」を考えねば。」ー田中均

JPP (03.12.2021)

用例:「「野党は批判ばかり」という批判を聞き、思い出すのはマルクス『資本論』だ。 『資本論』の副題は『経済学批判』。スミスやリカードゥなど古典派経済学の批判的継承の中から新しい理論が生み出された。 あの書を「批判ばかり」と非難するか? 古いものへの批判こそ、新しいものを生み出す原動力だ。」ー志位和夫

JPP (03.12.2021)

[Wohl wg. 支那 (シナ) - historisch belastete Bezeichnung für China.] Die japan. Wiki interessiert sich auch kaum für die Kanjischreibweisen. Andererseits kann man die Bedeutung der Namen ohne Kanji manchmal nur raten.

anonymous (03.12.2021)

auch 集計民主主義, weiterhin, jedoch selten, anzutreffen ist 価値共有的民主主義。用例:「私が,民主主義政治の二つの既存 モデル―価値共有的(aggregative)モデルと審議的(deliberative)モデル―に対して闘技的 多元主義(agonistic pluralism)のモデル,つまり,社会における権力関係の役割や敵対関係の現 在的可能性を承認するモデルを論じようとするのはこのためである。そのような観点からすれば, 民主主義的制度のねらいは,公共空間において合理的な合意を形成することではなく,正当なもの としてみなされる紛争の諸形態に表現の民主主義的経路を供給することである。これこそが,私が 「政治的なるもの」と呼ぼうとするもの,いいかえれば,社会関係に内在する潜在的敵対関係,つま り多くの形態をとりうるし,決して絶対に根絶されることのない敵対関係の次元を認識する民主主 義を構想するための道である。」 ーシャンタル・ムフ (訳 千守 隆夫)、『闘技的公共空間に向けて』より

JPP (03.12.2021)

Testa, Episperm

anonymous (03.12.2021)

bei einer Kastanie die dünne, hellbraune Samenschale (Testa)

anonymous (03.12.2021)

die braune Schale bei einer Kastanie, botanisch Fruchtschale/Perikarp

anonymous (03.12.2021)

stacheliger Fruchtbecher (Cupula) einer Kastanie

anonymous (02.12.2021)

  ✔  

新明解 日本語のアクセント辞典 (Sanseidō, 2001): Akzent [0]

anonymous (02.12.2021)